謎のパームトップ機






■モバイルプレス誌2004年秋号掲載のRupEditについて
柴隠上人 稀瑠冥閭守 (Kerberos)氏制作のRuputer(On Hand)用日本語エディタ「RupEdit」をダウンロードされる方は、こちらをクリックしてください。

■CGA-PC汎用日本語エディタPEDについて
柴隠上人 稀瑠冥閭守 (Kerberos)氏制作のCGA-PC汎用日本語エディタ、PEDのダウンロードは、こちらから。



 パームトップパソコンと言えば、誰でも思い浮かべるマシンがHP 100LXもしくは200LXであろう。100LXが発売されたのは1993年の5月。当時小型パソコンといえば、この100LXか、もしくはIBMのThink Pad 220が代表的な製品であった。ところが、いざ携帯して使用するとなるとThink Pad 220では図体が大きすぎるし、100LXではキーボードが小さくタッチタイプが難しい。そのため、両者の中間程度の大きさを持つマシンの登場が待たれていたのである。

 その頃、香港製や台湾製のパームトップ機には、この要求を満たす製品がいくつか見受けられた。日本では無名に近いこれらのマシンは、当然日本語環境も整っていなかったが、HP 100LX日本語化のムーブメントに刺激されたマニアたちは、この素性の知れないマシン上での日本語処理について、熱心に研究を開始したのであった。その結実とも言えるものが、今は無きPC WAVE誌1994年12月号に掲載された名特集、「謎のパームトップ機日本語化計画」であった。

 ところで、なぜわざわざ「謎の」という表現を付けるのであろうか?その理由は簡単で、これらのマシンには仕様的にいろいろと謎の部分が多かったからである。香港や台湾の、いわゆるIBM PC互換機メーカーが多数存在する国で、名も知られていないベンダーによって開発されたこれらのマシンは、同一の製品であるにもかかわらず、ロットによって仕様や動作が微妙に異なったり、同じ仕様の製品がさまざまなメーカーからいろいろな名前で発売されたりで、ある面「なんでもアリ」の世界を形成していた。情報量の少ない日本では、これらのマシンを前にして、頭を悩ませるユーザーが後を絶たなかった。それゆえ、日本の廃人は、これらのマシンを「謎のパームトップ」と呼んで、その仕様の究明と日本語化を嬉々として行っていたのであった。

 このページでは、今まで発売されてきたパームトップ機を、有名メーカー製のものから謎ぱ〜機と称されているモノに至るまで紹介するために企画された。しかし、残念ながら作業は遅々として進まず、いたずらに時間だけが経過するのみである。部分的には既に公開済みの機種もあったが、全体構成等を抜本的に見直し、再度作り直している最中だ。今暫くお待ち頂きたい。



◆謎ぱ〜機概論
◆謎ぱ〜機年表
◆主要謎ぱ〜機のスペック一覧
◆代表的なパームトップ機の外形寸法表



掲載予定マシン一覧

リストマーク AQUAPLUS P/ECE

リストマーク SEIKO Ruputer & Matsucom On Hand PC

リストマーク PSION Series

リストマーク IBM PT-110

リストマーク HEWLETT PACKARD Series

リストマーク ATARI Portfolio

リストマーク Instant Tech PTV-30、PTP-20

リストマーク TEXAS INSTRUMENTS Series

リストマーク Lexicomp LC-8620

リストマーク Tidalwave ME-386

リストマーク Tidalwave(?) PS-1000

リストマーク POQET PC Series

リストマーク SHARP PC-3000

リストマーク TOSHIBA Libretto

リストマーク DAUPHIN DTR-1

リストマーク NEC VT-1 & Mobile Gear

リストマーク GeoFox GeoFox 1 & Osaris

リストマーク BICOM SL60

リストマーク AgendA Microwriter


<< GO TOP



Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2011