港区虎ノ門四丁目。かつて港区立鞆絵小学校や虎ノ門パストラルホテルがあった場所。今は再開発を待つ更地になっている。

■鞆絵小学校跡 (2013/07/25)

 仕事で虎ノ門に行く。

 虎ノ門には仕事柄良く行くし、また10年近く前には神谷町に通勤していたこともあり、この辺りの地理には結構詳しい。虎ノ門に寄った帰りに、懐かしくなって神谷町まで歩いてみた。筆者が勤務していた頃、虎ノ門四丁目には「虎ノ門パストラルホテル」があった。1968(昭和43)年に「東京農林年金会館」として設立されたものだ。霞が関に近いこともあり、官僚や政治家が宴会などに使用したので有名だった。このホテルは、2009年9月30日に営業を終了し、土地は森トラストに売却される。

 ホテル本館は昭和レトロの雰囲気満載で、感じが良かった。神谷町に勤務していた時には、打合せ等でホテル本館1階のロビー喫茶を良く使用した。そんなこともあって、ここには思い出がある。

 さて、当時(2004年頃)、このホテルの近くに、廃校があった。廃校と言っても荒れ果てたものでは無く、学校としては使用されずに、港区の施設として利用されていた。この廃校も、2010年に解体され、今は更地になっている。ところで、この廃校は、いったい何という名前の学校だったのか、全く知らなかったし、これまで調べてみようとも思わなかった。ふと気になったので、今更ながら調査してみる。

 昭和毎日というサイトは、WEB上で昭和31年当時の東京23区地図を公開しており、ここで調査すれば、かなり昔しのことも判る。昭和31年当時、ここには「鞆絵小学校」と「北芝中学校」があったようだ。港区立北芝中学校は、1969年に愛宕中と統合し港区立御成門中学校となっている。一方、鞆絵小学校の方は、1991年に、他の2校と合体し、御成門小学校になった。その後、校舎は区の施設として使用され続け、2010年に解体された、ということになる。

 意外にも、この鞆絵小学校というのは、由緒正しい学校だということを知った。「西新橋通信」というサイトに依れば、「港区立鞆絵(ともえ)小学校は、日本最初の公立小学校であった」とのことなのだ。同サイトによれば、「鞆絵というのは難しい言葉だが巴と同じ意味で、「,」のような絵柄のことをいう。弓を射る時、跳ねる弦から体を保護するために着用した鞆(とも)という武具の形に由来するらしい。」とある。へぇ、そんなに歴史のある学校だったのか。最後まで残っていた校舎は、1971年建造のものだったそうだが、校舎が建っていた時に、写真に収めておけば良かったよ・・・

 全くハナシは変わるが、「由緒正しい」という文章を入力する際、「ゆうしょただしい」とタイプしても、正しく変換されないんだな、これが・・・「有書正しい」なんて変換される。正しくは「ゆいしょ」なんだね。どうでも良いことだけど、意外と知らない常識って多いな。


かつて鞆絵小学校、北芝中学校が建っていた跡。森トラストに売却されたとのことだが、再開発工事は始まっていない。

「毎日昭和」のサイトに掲載されていた、昭和31年の虎ノ門四丁目付近の地図。このように2つの学校が記されている。

同所の現在の地図。再開発が行われておらず、巨大な空白になっている。これだけの土地があれば、かなり大規模な複合商業施設が建つだろう。

かつての鞆絵小学校の校門と思しき門。藤棚が凄いことになっている。

校門の内部。使用されなくなってから久しいので、雑草や樹木が生い茂り、廃虚と化している。なぜこの部分だけが、解体されずに残されているのか、不明。

<< Menu Page



Copyright (C) Studio Pooh & Catty
1996-2013