今回の出張で宿泊した「リッチモンドホテル福島駅前」の外観。新幹線ホームから目と鼻の先である。


■宿泊 (2009/11/16)

 本業の関係で忙しくなってきた。今までは日帰り出張であった福島も、今回はお泊まりである。実機と管理ソフトとの結合デバグなので、最悪徹夜で二日間連続作業、良くて深夜にホテル帰宅と、覚悟して出かけた。宿泊先であるが、パートナー会社の顧問を勤められている方が「イチオシ」とのことで、リッチモンドホテル福島駅前を予約する。

 出張は腐るほどしてきたが、ビジネスホテルはどこも同じようなモンだと思っていた。今回も全く期待していなかったのであるが、泊まって正直ビツクリした。広い!明かに一般的なビジネスホテルと比較して、部屋が広いのだ。しかも、セキュリティが高い。部屋の鍵はカードキーになっているが、1Fロビーのエレベーターに乗る際に、キーを入れないと、上層階へ行けない仕組みになっている。これは良い。

 さらに、チェックイン、チェックアウトが、自動精算機で出来る。リッチモンドホテル会員になると、ルームキーが会員証となり、面倒な手続きが不要だ。備品も清潔だし、駅からも近いということで、一発で気に入ってしまった。しかもチェックアウトタイムは午前11時、会員になると正午まで部屋で無料でウデウデできる!!!

 ところで、肝心のデバグであるが、開始後4時間という、驚異の短時間で終わってしまった・・・あまりのあっけなさに、返って脱力である。日頃の行いが良いと、こーゆーところに出て来るんだねぇ。。。このホテル、全国系列なので、おそらく他の場所も同等のクオリティが担保されているものと思える。地元のパートナー会社も、一回お客さんをここに泊めると、次回からは必ずこのホテル指名でやってくるという。断っておくが、筆者は決してリッチモンドホテル系列の回し者では無いので、念のため・・・

リッチモンドホテル福島駅前の正面玄関。かなり渋めの入口である。建物は新しくて清潔だ。

シングルルームの内部。ベッドは広く、ほどよい堅さで快眠できる。枕も堅さに応じて数種類用意してある。特筆すべきは空調で、ほとんど音がしない。これほど静かな部屋は珍しい。冷蔵庫のスイッチON/OFFは、当然付いている。

室内の様子を奥から見る。こうやって眺めてみると、必要最低限のものしか置いていないということが判る。

洗面台の備品。必要にして十分である。

窓からの眺め。あいにく駅側の部屋(408号室)であったため、見えるのは新幹線のホームだけという味気なさ。これが反対側であれば、けっこう良い眺望が期待できる。


動画1.福島駅西口広場を360度俯瞰する。紅葉はもう終わりで、ほとんど散っている状態。開始約8秒後に写っているのは、福島ビューホテル。15秒ほどのところに写っているのは、駅前のT字路交差点。25秒ほどのところで、今回宿泊したリッチモンドホテルの側面が写っている。
(VGAサイズでご覧になる方はこちら

<< Menu Page



Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2009