京王帝都井の頭線井の頭公園駅南側道路沿いの桜。ここは花見の穴場である。第一、人があまりいない。これ、重要!


■桜の木の下には・・・#2 (2009/04/09)

 また、ありがちな花見ネタである。。。今回は桜も終盤にさしかかった井の頭公園駅での花見について。1週間前の満開時は、阿鼻叫喚の地と化していたここ井の頭公園も、散り始めた今頃は、かなり平静を取り戻しつつある。しかし、筆者的に言うと、井の頭公園での花見は、京王帝都井の頭公園駅南側の道路沿いを歩くことをお奨めする。何と言っても人がいない。落ち着いて散策できる。これはポイントが高い。狭い道沿いに咲いた桜は、1本1本が太く、花の付きも良い。今年最後の花見として、〆にはもってこいの場所なのであった。

(補遺)
いつもなら、埼玉は郊外にある鄙びた薬師堂に桜を愛でるのが習慣なのだが、体力的にも精神的にも弱ってきている最近は、とんとご無沙汰してしまっている。とてもじゃないが、あんなに遠くまでドライブできる気力が、もう残っていない・・・因みに最近のCT胸部一般検診で「気胸」と診断された。右側の肺がパンクしているそうで、、、あそりゃそりゃタイヘンだぁ・・・漏れももう長くねぇなあ。来年の桜を拝めることを祈りつつ。。。

満開時には阿鼻叫喚、酒池肉林の世界と化していた井の頭公園の園内も、この時期になると落ち着きを取り戻し、ようやく閑散としてきた。

座ったベンチから空を見上げる。

動画1.京王帝都井の頭公園駅南側の道路を、井の頭公園駅に向かって歩く。
(VGAサイズでご覧になる方はこちら

<< Menu Page



Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2009