■ パームトップ・パソコンの往年の名機 ■

V.Atari Portfolio の製品仕様とドライブ構成             


● 製品仕様                               
モデル名称 Portfolio
メーカー ATARI 社
CPU 80C88A
搭載メモリ容量 ROM:256KB、RAM:128KB
ディスプレイ
白黒液晶 40 文字× 8 行表示
→仮想画面機能に設定すれば、80 文字× 24 行表示が可能
アクティブエリア 114 mm × 30 mm
キーボード QWERTY 配列 63 キー・キーボード【ボタンタイプ】
I/O ポート Portfolio Bus 搭載
カードスロット Portfolio 独自仕様1スロット内蔵
本体重量 525g(乾電池を含む)
寸法 220 mm × 105 mm × 29 mm
OS DIP Operating System Ver 2.11
内蔵ソフトウエア AddressBook、Claculator、Diary、Editor、Setup、Worksheet


● ドライブ構成                             

Portfolio の内蔵メモリドライブは、C ドライブとしてアサインされている。  
Portfolio を起動すると、C ドライブから立ち上がる。カードスロットに ATARI 
純正の RAM カードを実装した場合、カードドライブは A として認識される。  

Portfolio を起動した状態での、C ドライブのデフォルトでの状態は、以下のよう
になっている。                              

  ・chkdsk c: の実行結果                        
   31232 bytes total disk capacity                   
    128 bytes in 1 directories                    
   31104 bytes available on disk                    
   126976 bytes total memory                      
   79904 bytes free                          


● 周辺機器事情                             

Portfolio は日本でこそマイナーマシンとみなされているが、海外、特にヨーロッ
パ圏では非常にメジャーなPDAであり、現在でも多くのユーザーが存在する。し
たがって、周辺機器もマシンが製造された年代を考慮すれば極めて充実しており、
現在でも様々なグッズが入手可能だ。周辺機器事情の詳細については、本コーナー
の「W.Atari Portfolio の周辺機器」で紹介する。             
因みに、下に掲載した写真は、Portfolio の周辺機器群を並べたものである。  

Portfolio と周辺機器群

▲前ページへ                     ▼次ページへ

Top Page