リストマーク 香港九龍城砦(1992年05月、1993年03月)

写真1.買炳達道より見た香港九龍城全景(1993年3月)
1993年3月28日撮影。取り壊し作業が開始された九龍城を、南側を通る買炳達道(カーペンター・ストリート)より遠望する。取り壊し作業は開始されたばかりであり、この時はほぼ全景を保っていた。手前は公園とサッカー場として整備中の広場である。


 DOS/V黎明期の1991年〜1994年にかけ、筆者はPCパーツ購入のため良く香港を訪問した。目的は電脳街でのショッピングである。当時の日本はまだ、DOS/Vパーツの入手は困難であり、3泊4日程度のフリーツアーを利用して、香港までPCパーツを買いだしに行く廃人がたくさんいたものだった。

 香港訪問時、啓徳国際空港へ着陸する寸前に、幾度か「九龍城」を上空から目撃したことがあった。九龍城については、1984年に開催された宮本隆司氏の写真展「九龍城砦」を見て知っている程度だった。せっかく香港までやってきたのだから、九龍城を見学しようということになったのである。ただ、「無法地帯」だの「悪人の巣窟」だのと噂されていたこともあり、さすがに城内の探検は差し控え、入り口近辺を見学できれば良いと思っていた。

 1992年の5月連休、パーツ購入の合間を縫って目的の九龍城を訪れる。筆者にとって最初の九龍城訪問である。しかし、時既に遅し。取り壊しが決まった九龍城は、香港政庁により完全に差し押さえられた状態となっており、外側には侵入を防ぐための塀が巡らされた後だった。住民の退去も終了し、城内に人影は無い。それでも、コンクリートの城壁とも言える超高密度実装された集合住宅群を、かろうじて写真に収めることはできた。

 翌1993年3月の香港買い出し旅行の際、再度九龍城を訪れる。九龍城は丁度取り壊し作業の真っ最中であり、集合住宅の内部が露出しているところもあった。結局、この時が最後となり、以降九龍城を撮影した写真は無い。デジカメなど普及していない時代である。九龍城を撮影した写真は、フルオートのコンパクトカメラで撮影したものが数枚残っているのみだ。今考えると、あの時もっと撮影しておけば良かったと悔やまれることしきりである。しかし、世界に冠たる廃墟だけのことはあり、その後多数の出版物が発行され、九龍城の詳細情報を入手することができるようになった。また、九龍城を舞台にしたゲームやアニメーションも制作され、その雰囲気は現在でも伺い知ることができる。

 筆者にとって九龍城は、廃墟趣味の原点とも言える場所であり、若干大袈裟な表現を取るならば、PCパーツを買いだしに行ったにもかかわらず九龍城の写真を撮影したこの時から、「廃墟系」のページ制作が運命付けられていたのかもしれない。

写真2.東頭村道より見た香港九龍城アップ(1993年3月)
東頭村道は、平行四辺形をした九龍城の北側の通りである。通りに面して突き出た多数の看板が目を引くこの一角は、本や雑誌で良く紹介される所だ。医者や医院の看板が多い。九龍城のみならず、香港高層住宅の特徴ともなっている「鳥かごのような鉄格子を付けたバルコニー」が見られる。住民撤去後の写真なので、内部に人影は無い。


写真3.取り壊し作業が始まった部分(1993年3月)
買炳達道側の公園から、九龍城に接近して撮影したショット。この部分は取り壊し作業が始まっており、建物の内部構造が剥きだしになっている。増築に増築を重ねた構造が良くわかる。九龍城では隣り合う建物の階高が微妙に異なっていたとのことで、内部で建物間を移動する際には数段の階段が必要だったそうだ。


写真4.九龍城のバルコニーを見上げる(1993年3月)
鳥かごのような鉄格子を付けられたバルコニーを見上げたところ。なんだか1uでも広く使おうという、涙ぐましい努力のようなものを見る思いがする。


写真5.九龍城バルコニーのアップ(1993年3月)
人影の無いバルコニーをアップで撮影。この写真を見ると、バルコニーが後から増築されたものであることが良くわかる。しかし、建物からこんなに突きだしてしまって、危なくないのであろうか?取り付け部分の強度が不足して、外れてしまったというような事故もあったに違いない。。。。


写真6.九龍城の断面(1993年3月)
解体作業中の建物の断面アップ写真。


写真7.買炳達道公園より見た九龍城砦(1992年5月)
上記一連の写真の1年前に撮影した、1992年5月の九龍城。既に城内へは立ち入り出来なくなっている。建物の周囲には塀が巡らされていた。手前には構築中の公園が見える。この訪問では、整備しつつある明るい公園と魔窟のような九龍城とのコントラストが印象的であった。


写真8.買炳達道公園より見た九龍城砦(1992年5月)
同じく一連の写真の1年前に撮影した、1992年5月の九龍城。


写真9.1993年版香港九龍多功能街道図より
中央左側に九龍城エリアが大きく記載されている。右下は啓徳国際空港の敷地。空港からはこんなに近い距離にある。本ページに掲載した写真は、九龍城南側の「買炳達道」及び北側の「東頭村道」から撮影したもの。既に地図上では、九龍城南側のエリアは公園となっている。



>> 廃墟系Top


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2002 - 2005