リストマーク 鎌倉の廃屋(1999年04月)

写真1:鎌倉の廃屋 #1 廃屋正面

 JR鎌倉駅のすぐ近くに、うち捨てられた謎の廃屋がある。場所は駅近くの繁華街のど真ん中で、このような場所に廃屋があること自体、非常に不思議だ。洋館建築のこの建物は、きっとかなりの曰く付きの物件であると思われる。


写真2:鎌倉の廃屋 #2 屋根の飾りのアップ


写真3:鎌倉の廃屋 #3 締め切った雨戸


 ここに掲載した写真は、1999年4月に撮影したものである。2階建て木造建築の廃屋は、公民館か集会場を思わせる造りだ。階高は一般の建築と比較してかなり高い。縦に細長い窓が多く見られるが、いずれも木製の雨戸を閉めきっており、中がどうなっているのかはわからない。ただ、カーテンがかかっているのが確認できたので、最近までは利用されていたようでもある。建物の左側面から屋根を見ると、外壁が崩れ落ちて穴が開いていた。このままでは2階部分は雨漏りがひどく、とても使えないであろう。

 正面入り口は向かって左側にシフトしており、屋根左端には凝った装飾も見受けられる。うち捨てられた今でこそ目には奇異に映るが、新築の頃は、さぞかしオシャレな建物であったと思われる。しかし、なぜここまで荒廃してしまったのかについては、一切不明。付近の人に尋ねることもできなかった。ただ、敷地の前庭には自動車が駐車しており、駐車場として利用されているようではあった。

【補足】
取材を行ってから6年経過した2005年7月に、地元の方から本建築物についての情報を頂きました。それによりますと、この建物は現在も使用されているということでした。貴重な情報をありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。


写真4:鎌倉の廃屋 #4 廃屋右側部分


写真5:鎌倉の廃屋 #5 廃屋右側部分

写真6:鎌倉の廃屋 #6 装飾が施された玄関


写真7:鎌倉の廃屋 #7 建物左側部分から廃屋を遠望する


>> 廃墟系Top


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2002 - 2003