リストマーク 池袋都営住宅(2002年12月)

写真1:池袋都営住宅外観 #1

 JR池袋駅西口を出て北へ少し歩いたところに、今はもう使用されていない都営住宅が建っている。JR線の車窓からは、赤羽方面に向って左側に見ることができる。都営住宅の周辺は時間貸しの駐車場となっているので、建物の外観が良く見える。現在残っているのは一棟のみ。4階+屋上の構成で、屋上部分はなぜか緑色に塗られており、異様な感じだ。

 Mapion上では、「池袋都営住宅」と記載されている。しかし、建物の周囲には、それを示す表示は一切ない。Mapion上での位置は、下記の通り。

http://www.mapion.co.jp/c/f?el=139/42/53.775&scl=5000 &pnf=1&uc=1&grp=all&nl=35/43/44.541&size=500,500


写真2:池袋都営住宅外観 #2


写真3:池袋都営住宅正面


 いつ頃の建物なのかは不明であるが、階高が低いことと外壁のコンクリートがかなり傷んでいることなどから、昭和30年代に建てられた可能性が高い。不法侵入者を防ぐため、一階部分は完全に壁で覆われており、建物内部に入ることはできない。建物の正面を見ると、クーラーの室外機ユニットや植木鉢などがまだ残っており、最近まで使われていたようではある。建物の端は、あたかも切り取られたようになっている。以前他の建物と接していた名残かもしれない。

 全体的にかなり老朽化が進んでいることから、取り壊されるのは時間の問題と思われる。しかし、駅近くの繁華街に、良く今までこのような建物が残っていたものだと、感心してしまう。


写真4:池袋都営住宅 裏側部分


写真5:池袋都営住宅 裏側部分のアップ

写真6:池袋都営住宅 屋上部分のアップ

写真7:JR線路沿いから眺めた住宅全景


>> 廃墟系Top


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2002 - 2003