波多 利朗の Funky Goods 1994年12月号


PC WAVE 1994年12月号 表紙


■1994年12月号:波多利朗のFunky Goods 第9回        
 レトロアクセラレータの世界<その2> Microsoft MACH20       
 (PP118〜120掲載)                    

 波多 利朗のFunky Goods連載の第9回目。レトロアクセラレータの世界<
その2>である。前回はNickel Expressという珍品を紹介したが、今回の 
Microsoft MACH20も相当「変」である。これは、あのMicrosoft社が発売し 
たXTマシンを80286-8MHz相当のスピードにアップするという、当時としては
極めて強力なアクセラレータであった。この商品は、秋葉原のA-PAC地下ア 
ウトレットで、8千円で購入したものである。プロサイドが経営するA-PAC 
は、当時最も怪しく面白いショップであった。特にバナナの貯蔵庫を改造し
たという地下アウトレットには常軌を逸したジャンクが並び、目を離せなか
ったものである。特に、この地下に置かれた「廃人の棚」は、ネットのフォ
ーラム上でも話題になった。                     

 MACH20であるが、本体はXTバスのカードであり、80286CPUやキャッシュメ
モリ、80287コプロセッサ装着ソケット等が搭載されている。この本体から 
出ているケーブルを、XTマザーボードの8088 CPUソケットに差し込めば、イ
ンストールは終了する。後は、キャッシュコントロールソフト等のドライバ
を導入する。結果であるが、オリジナルのXTと比較して、約3.78倍という好
成績であった。なかなかすぐれもののアクセラレータと言えるであろう。 

 本誌の特集記事は、「謎のパームトップ機日本語化計画」であった。この
特集は、PC WAVE誌上でも傑作の部類に入る特集であった。「謎ぱ〜機」と 
いう言葉が出現したのも、この特集の後である。登場したパームトップ機は
下記の通り。                            

 ・PTV-30                             
 ・PS-1000                             
 ・PS-3000                             
 ・ME-386                             
 ・Moving Pocket                          
 ・Psion 3a                            
 ・CARD WIZZ                            

 筆者が「モバイルコンピューティング 手のひらサイズの端末入門」とい
う本を書 くきっかけとなったのも、この特集記事があったからである。そ 
れほど、インパクトを持った名特集であった。             

業界関連のニュースとしては、AMDがK86マイクロプロセッサ・アーキテクチ
ャを公表した。Appleのシェア縮小が一向に改善されず、買収の噂が絶えな 
かったのも、この頃である。Maxtor社が、PCMCIA Type-IIのATAカードを開 
発したと発表した。容量は85MB と121 MBの2タイプであったが、Newtonの 
日本語版「ガリレオ」の発売が延期となり、事実上国内発売を断念すること
になった。3Dゲームの傑作、DOOM IIのリリースが発表され、前注文が50 
万本にも上っている。                        

新製品では、POWER9100 搭載のビデオカード、Viper Pro Video PCIが登場 
している。秋葉原のショップ、AZ'TEC では、パームトップパソコンのベス 
トセラー、ME-386を89,800 円で販売開始した。             


・1994年12月号 Page1(P118)1994年12月号 Page2(P119)1994年12月号 Page3(P120)


(補記)                                 
 本号はPC WAVE誌上最も話題を呼んだとも言われる特集、「謎のパームトップ日 
本語化計画」が掲載された記念すべき号であった。この特集の名称から「謎ぱ〜」
という造語が発生したのだ。もっとも編集部では特集の名称を当初「ポケットPC/
PDAの日本語化計画」と予定しており、謎のパームトップという言葉は入っていな 
かった。このタイトルがそのまま使われてしまったら、謎ぱ〜という言葉は生まれ
なかったのかもしれない。いずれにせよ、謎ぱ〜という言葉を命名した人は、かな
りのセンスを持っていると言えよう。                    

<< Funky Goods 著作活動トップ


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2003