波多 利朗の Funky Goods 1994年10月号


PC WAVE 1994年10月号 表紙


■1994年10月号:Funky Goods in 秋葉原 第7回        
 キーボードにこだわる No.1                 
 (PP106〜108掲載)                    

 Funky Goods in 秋葉原 連載の第7回目。2回に渡るキーボード特集の、第2回目
である。前回では、IBM のキーボードについて紹介したが、この回では、変わった
形のキーボードを中心に紹介している。登場したキーボードは下記の通りである。

 ・台湾製コンパクトキーボード                      
 ・DATALUX 社製 Space-Saver キーボード                  
 ・オムニキーボード(Omnikey 101)                    
 ・ERGONOMIC KEYBOARD KB-7000                      
 ・MARQUARDT 社製 MiniErgo キーボード                  
 ・Kinesis 社製 ERGONOMIC KEYBOARD                    

 今回紹介したキーボードの中で、DATALUX社製Space-Saverキーボードは、小型で
あるということとキークリック感が良いため、この記事作成以来、現在までずっと
使用している。エルゴノミックキーボードは、個人的な興味からずいぶん多くの種
類を集めてみたが、やはり実用に使用するには、普通の小型キーボードが一番使い
やすいと、個人的には思っている。紹介したキーボードのうち、DATALUX社製キー 
ボード、MARQUARDT社製Mini Ergoキーボード、オムニキーボードの3つは、その後
秋葉原のコムサテライト1号店で販売された。このショップでは、キーボードにか
なり力を入れており、アラビア語やロシア語、中国語キーボードといったユニーク
な製品も取り扱っている。Kinesis社製ERGONOMIC KEYBOARDは、同じく秋葉原のシ 
ョップ、ぷらっとホームが正規代理店となって販売している。         

 本誌の特集記事は、「PCI製品購入ガイド」であり、当時危ぶまれていた互換性 
の問題に焦点をあて、各種PCI製品の紹介を行っている。PCIについては、本誌6月
号でも「走りはじめた PCI バス」として特集が組まれた経緯があったが、当時は 
互換性問題から、購入は見合わせた方が良いという結論が出ていた。今回の製品カ
タログでは、主にビデオカードが掲載されており、SCSIカード等のその他の製品は
まだ少ない。掲載されているビデオカードは、PowerWindow 864PCI、Stealth 64、
Viper PCI、#9 GXE64 等であった。                     

 業界関連のニュースとしては、IBMが出荷台数で4位に転落している。それに代 
わり、Packard Bellが出荷台数で3位に入り込んでいる。また、次期Windows であ
るChicagoの出荷時期について、情報が錯綜していたのも、この頃であった。マザ 
ーボードメーカーである Micronics社が、Orchid社を買収した。また、NECが国内 
サーバ市場で、IBM 互換アーキテクチャを採用したマシンを発売している。   

 新製品としては、Mach 64搭載のビデオカード、ATI Graphics Pro PCIが紹介さ 
れている。ちなみに価格は79,800 円(!)であった。YHPからHP200LXが発売にな 
り、オカヤシステムウエアから「HP200LX日本語化キット」の発売がアナウンスさ 
れた。                                  


・1994年10月号 Page1(P106)1994年10月号 Page2(P107)1994年10月号 Page3(P108)


(補記)                                 
 今となっては開催する意味すら薄れてきたComdexであるが、この当時は最新情報
源として大変人気のあるショーであった。特にFallではパックツアーも開催されて
おり、パソコン雑誌にも広告が掲載されている。野村ツーリストビューローが主催
する6泊8日のツアーは318,000円。コムデックス3日間の見学の後、サンフランシ
スコのパソコンショップ巡り付きという、当時としてはお決まりのコース。宿泊は
ラスベガスはMGA GRANDを予定していた。筆者も出張で1994年のコムデックスを見 
学してきたが、この時が最高潮だったような気もする。            

<< Funky Goods 著作活動トップ


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2003