PC TEST Lab.「RO-5040WL」1993年09月号


PC WAVE 1999年09月号 表紙


■1993年09月号:PC TEST Lab.「WORM、RO-5040WL の再生」    
 (PP100〜104掲載)                    

 1993 年 9 月号に「BICOM SL60」の記事を投稿し、製品の写真撮影を行った時に
たまたま担当さんに、ジャンク屋で見つけてきたリコー社製 WORM RO-5040WL を見
せたところ、「ちょうど9月号は光モノの特集なので、是非この記事も書いてくれ
」と頼まれて作成した記事である。波多 利朗名で書いた初めての記事である。こ 
の WORM は、秋葉原のジャンクショップ「たんせい」で、2万円でゲットしたもの
である。容量は、片面 400 MB、両面で 800 MB であった。今なら CD-R でことが 
済んでしまうが、当時は大容量のストレージデバイスが貴重だったため、ジャンク
品といえども重宝したものである。ただし、書き込みは、気が遠くなるほどの遅さ
であった。本記事では、AT マシンに橘屋鶴蔵氏製作の SCSI カード、SPC カード 
を使用して WORM を接続し、COREL SCSI! のドライバを用いて認識させるまでの 
手順が記載されている。この WORM は、MO を購入するまで、画像ファイルの保存 
用としてガシガシ使用した。                        
(補記)                                 
 このWORMを購入したジャンク店「たんせい」は、いつの間にか秋葉原から姿を消
 してしまっていた。DOS/V初期の頃から通いつめていたジャンク屋だっただけに 
 また一つ懐かしい店が閉店してしまったことは大変に残念である。。。。   


・1993年09月号 Page1(P100)1993年09月号 Page2(P101)1993年09月号 Page3(P102)1993年09月号 Page4(P103)1993年09月号 Page5(P104)


 本誌内に掲載されている、「マルチメディアPCを自作する」という記事では、
i486 DX/2 66MHz、メモリ4MB、VL バスマザーボード、Cirrus Logic GD5426 ビ
デオカード、Quantum 525MB HDD、等速 CD-ROM ドライブのキットで、448,000円と
いう価格が付いている。Megahertz 社の XJACK PCMCIA モデムカードが出現したの
も、この頃であった。PC Blue WAVE では、HP 社の OmniBook300 が、PCMCIA 2.0 
スロットを4個持つ究極のサブノートPCとして紹介されている。       

<< Funky Goods 著作活動トップ


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2003