波多 利朗の Funky Corner 2000年春号


モバイルプレス 2000年春号 表紙

■2000年春号:SHARP PC3000             
 (PP120〜128掲載)                  

 謎ぱ〜機の歴史に沿って、Poqet PCの次はSHARPのカルトマシン
であるPC3000について紹介した。素性不明な東南アジアメーカーが多い謎
ぱ〜機にとって、このSHARP PC3000は大手メーカーの製品であり、
極めて高い品質と堅実な造りで高級感があった。しかし、このマシンは日本では
発売されず、よって日本国民にとってこのマシンはカルトでマイナーで謎多き製
品となってしまった。今考えてみると、悲劇以外の何物でもないだろう。   

 本文でも触れた通り、このPC3000はPortfolio2として予定さ
れていたものをSHARPがライセンスを買い取って製品化したものだ。そこま
でしておいて日本で発売しなかったのは、おそらく日本にはまだPDA文化が薄
く、海外ほどPortfolioのようなマシンが使用されていなかったためと
思われる。また、当時の技術では、この少ないリソースで日本語を表示させるだ
けのノウハウが無かったことも一因であろう。               

 PC3000は現在でも非常に人気の高い製品である。オークションなどで時
々出品されているが、いずれもかなりの高額で競り落とされている。反転表示が
できる液晶や、しっかりとしたタッチのキーボードなど、数あるパームトップ機
の中でも群を抜いて良くできており、熱狂的なファンも多い。        

 さて、今号の前フリは手回し計算機についてであった。筆者は電卓コレクター
であるが、電卓に限らず昔の計算機も収集している。そんな中で、比較的レア度
が高いと思われる手回し計算機2機種を取り上げた。一つは新品デッドストック
状態で秋葉原サクラ屋に埋もれていたオリジナル・オドナー計算機であり、もう
一つは今は無き怪しいロシアカメラ専門店から仕入れたフェリックスという名称
のロシア製手回し計算機である。                     


・2000年春号 Page1(P120)2000年春号 Page2(P121)2000年春号 Page3(P122)2000年春号 Page4(P123)2000年春号 Page5(P124)2000年春号 Page6(P125)2000年春号 Page7(P126)2000年春号 Page8(P127)2000年春号 Page9(P128)


<< Funky Goods 著作活動トップ


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2003