波多 利朗の Funky Corner 2000年夏号


モバイルプレス 2000年夏号 表紙

■2000年夏号:古典的謎ぱ〜機 PS−1000         
 (PP136〜144掲載)                  

 謎ぱ〜機マニアにとっては比較的有名な製品であるPS−1000は、その昔
秋葉原のショップでも良く見かけることができた。筆者は1994年のコムデッ
クス会場でも、このマシンが展示されていたのを見た記憶がある。      

 PS−1000は、謎ぱ〜機と呼ぶにふさわしい製品であった。このマシンは
各メーカーから色々な名称で発売されていたのである。Zeos Pocket
PCやPB−100といったマシンは、どれもこのPS−1000をベースに、
ブランド名称のみを変えたものであった。ところで、PS−1000のメーカー
はどこなのだろうか?一説にはME−386を生み出した台湾のパームトップメ
ーカー、Tidalwave社だと言われているが、はっきりしたことはわから
ない。マシンの外形やキーボードの作りなどから判断すると、おそらくはその通
りなのであろう。                            

 PS−1000はCPUにV30を搭載しているので、DOS/Cによる日本
語化は比較的容易にできそうな感じを受けるのだが、そうは問屋が卸さない。 
マシンには固有のクセがあり、ADDDEVといったフリーソフトによるデバイ
スドライバの組み込みが必要となる。しかし、一旦日本語環境が構築されてしま
えば、実に快適に操作できる優れたマシンなのである。           

 今回の好例前フリ記事は、「おもカメの話」について。おもカメとはおもちゃ
カメラの略称で、主にロシアで作成された低価格カメラのことである。記事で取
り上げた「SMENA8M」は、本体の筐体こそプラスチックの安物チックでは
あるが、レンズはインダスターが採用されており、その写りは素晴らしい。最近
では青山ブックセンターあたりでも、こうしたトイカメラを購入できるようにな
ったが、当時はまだ通販が主流であり、ロシア製トイカメラの隠された性能につ
いては、一般に知られていなかった。                   


・2000年夏号 Page1(P136)2000年夏号 Page2(P137)2000年夏号 Page3(P138)2000年夏号 Page4(P139)2000年夏号 Page5(P140)2000年夏号 Page6(P141)2000年夏号 Page7(P142)2000年夏号 Page8(P143)2000年夏号 Page9(P144)


<< Funky Goods 著作活動トップ


Copyright (C) Studio Pooh & Catty
2001-2003